むちうちなら市川駅前十字路接骨院

市川駅前十字路接骨院

胸郭出口症候群

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    肩から腕にかけて痛みがある
    肩から腕にかけて痺れがでる
    腕や指先が冷える
    長時間腕を上げていられない
    肩が凝る
    胸郭出口症候群には大きく分けて3つの種類があり1つは首の筋肉で神経や血管が締め付けるもの2つ目は胸の筋肉で神経や血管が締め付けるもの3つめは鎖骨と肋骨の間で神経や血管が締め付けるものがあります。
    1つ目の首の筋肉は斜角筋によるものがほとんどです。斜角筋で神経を締め付けられられる事で痛みや痺れの原因となります。
    2つ目の胸の筋肉は小胸筋に神経や血管が締め付けることで発生します。

  2. 胸郭出口症候群に対する当院の考え

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群の原因にはいろいろあり、多くは神経が圧迫されることによって起こります。
    またその他の原因としては血行不良などが考えられます。
    特に胸郭出口症候群は首や胸の筋肉に神経や血管が圧迫されるために起こります。
    神経が圧迫される原因には筋肉で圧迫されるものと骨で圧迫されるものがあり筋肉で圧迫されるものは筋肉が疲労によって硬くなったり骨格の歪みにより筋肉の張り方に差ができることによって起こります。
    骨で圧迫されるものは鎖骨と肋骨の間が狭くなって腕に行く神経を圧迫してしまいます。
    また血行不良によって痺れる場合には血管が狭くなって血流が悪くなり神経に影響を及ぼすようになると痺れが出てきます。

  3. 胸郭出口症候群を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群を放っておいても一向によくならずむしろ悪化することがほとんどです。
    一時的に良くなったとしてもまたすぐ悪くなったりを繰り返して、徐々に神経が痺れを覚えてしまい慢性的な痺れを起こすようになります。
    また悪化することで感覚が鈍くなりゴム手袋をつけたような変な感じが常についてしまうこともあります。
    神経は筋肉を動かすコントローラーのようなものなので神経がうまく働かないと筋肉が萎縮してしまい、再び筋肉をつけるのにとても時間と労力がかかります。
    また筋肉がうまく働かなくなると関節を壊してしまったりすることもあります。
    手の痺れは出始めると長く苦しい思いをしてしまうので早めの治療が大切です。

  4. 胸郭出口症候群の改善方法

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群を改善するには、姿勢の注意や体操療法など筋肉を柔らかく保つことが大切です。
    ま適度な休息や睡眠をとって疲労をためないようにしましょう。たとえば、仕事中などに肩こりや腕のだるさを感じたら、休憩をとるようにします。特に、手や腕のしびれが出ている場合は、無理をしないようにしましょう。またこまめにマッサージしたり温かいお風呂にゆっくり浸かるなどして温まるのが効果的です。
    入浴時に体を温めれば、血行が促進することで筋肉の疲労回復や、血管の圧迫による血流低下を改善できます。
    また首のストレッチや筋トレなども効果的です。
    重い物を持つと腕が引っ張られて症状を悪化させるので、できるだけ手で重い物を持たないようにします。左右の手で交互に持ったりするなど、肩に大きな負担をかけない工夫をするようにしてください。
    さらに長時間の作業は症状を悪化させるため注意が必要です。
    またどうしても辛い時は治療の必要があるため早期に治療することが大事です。

  5. 胸郭出口症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    胸郭出口症候群は初期の状態で有ればマッサージやなどで筋肉をしっかりほぐして神経の圧迫をとり温めることで血流をよくすることでとれてきます。筋肉が神経を締め付けることによってでる症状なので筋肉を緩めることで痛みや痺れがとれてくるようになります。
    また骨格がずれてると筋肉の硬さの原因となるため骨格の矯正なども必要になってきます。
    状態が悪くなってくるとひどい痺れや痛み、指先の冷え、さらに重傷なものだと感覚の障害や異常反射などの症状も出てきます。
    その場合は鍼などで深い筋肉を緩めたり骨格の歪みを整えて筋肉や骨格に緩みを出すことで痺れをとったりします。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群が筋肉が硬くなることで起きている場合マッサージやなどで筋肉をしっかりほぐして筋肉を柔らかくすることストレッチで筋肉を伸ばすこと温めることで血流をよくすることでとれてきます。
    もし胸郭出口症候群が骨によって神経が圧迫されてい場合は骨格を整えることで神経にゆるみがでるので痺れなどがとれてきます。
    筋肉と骨格を整えることで圧迫が取れると徐々に痛みや痺れは落ち着いてきます。
    ぜひ当院の矯正治療で胸郭出口症候群のつらさをとって行ってください。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群のつらい症状を取るには、筋肉の痛みから来るものであれば筋肉を柔らかくすれば治まるので週に1〜2回で半年、もし骨格がズレている場合には骨格を整える必要があるので週2〜3で半年〜1年程通院する必要があります。

    早期に治療をすることで重傷化を抑えられたり早くに痛みを取り去ることが可能なので股関節の痛みは少し違和感を感じるくらいの時から治療を始めることが大切です。

▲ページの先頭へ戻る

市川駅前十字路接骨院のご案内

【住所】〒272-0034 千葉県市川市市川1丁目23−8 みどりやビル 101号室
【電話】 TEL:047-324-5505

院景観ノーイメージ
受付時間 土・日・祝
10:00~13:00 9:00~12:30
15:30~21:30 15:00~18:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

JR「市川駅」から徒歩2分、京成線「市川真間」から徒歩6分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

市川、市川南、新田、真間など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る