悩みタイトル

子供整体においてこんなお悩みはありませんか?

当院では中学生、高校生と若年層も多く通われています。その中で若年層の方のお悩みであったものを実際に紹介していきたいと思います。まずは成人の方にも多い悩みで「姿勢の悪さ」を気にされる方が多い印象です。若い時から姿勢が悪い方に関しては、そのまま大人になって姿勢が良くなる事はほとんど見られないのが正直なところです。ほかにもいろいろお悩みを持ってくる患者様は多いですが、集中力が続かないというご相談を受けることも多々あります。実際、姿勢の悪さが起因となるケースはよく見られます。

子供整体とは?

まず「骨格矯正」について馴染みない方がほとんどだと思います。骨格が歪む原因として、「出産」「猫背・反り腰等の姿勢」「仕事、生活習慣」「対象の筋力低下」などがあげられます。若年層に多い原因としてこれらの中でも「猫背・反り腰等の姿勢」「対象の筋力低下」があげられます。筋力低下に関しては成人になるにつれて筋力がついてくる事がほとんどですが、猫背・反り腰等の不良姿勢は当人が意識しても治せないことが多いです。そういった不良姿勢を根本的に治療するのが当院の「子供整体」になります。いろんなお悩みがある中で「子供整体」はほとんどの症状に対応できる為、気になる方がいらっしゃいましたら一度ご相談して頂けると幸いです。

子供整体をしないとどうなるの?

一概にも全ての方が当てはまるものではありませんが、スポーツをする際の怪我に繋がるケースが多くあります。骨格の歪みがあると関節、筋肉にかかる負担が大きくなることで起こりやすくなります。怪我をすればするほど筋繊維が脆くなりやすく、全体の血流が悪くなり成人になる頃には慢性症状が出始め、症状変化が乏しくなることで後先後悔するかもしれません。それに伴い、姿勢の悪さがあることで集中力が欠けるとの報告もあります。これも主に血流の影響が原因になりますが、不良姿勢における血流への影響はかなり大きいです。少しでも気になる症状があれば専門医に相談することをおすすめします。

当院の子供整体とは?

「子供整体」についての項目でもお話ししましたが、猫背・反り腰等の不良姿勢を根本的に改善する施術が当院の「子供整体」になります。本来、姿勢を矯正するにあたって一番効果がある時期は5~12歳といわれております。しかしこの時期からの矯正治療は極めて危険になります。この時期は骨端線といい骨が成長するためのいわゆる「伸びしろ」があります。「伸びしろ」があるということは骨がまだ出来上がっている状態でないことを指します。その状態から骨格を矯正しようとすると骨が変形したりなどの悪影響を及ぼし兼ねません。当院の施術を受けるタイミングは中学生、高校生を推奨しています。

子供整体を行うと頻度は?

その方の骨格の歪み、筋肉、関節の硬さにも影響はしますが、基本的に体の変化として週に1.2回以上施術を受けるのが好ましいです。それ以下の頻度になると骨格等の形状が元に戻ってしまう可能性が高いため高頻度で行えるのが理想になります。また施術を行うきかんですが、3か月以上が理想です。3か月行うことで細胞レベルの変化が促進できる為、通われている方々にはまず3か月間の時間を頂いております。それぞれ患者様のニーズもあるため機関に関しては人それぞれにはなります。冒頭でお話ししている通り、姿勢を治すというところにフォーカスを当てるのであれば、1年以上の期間でしっかり治すことをお勧めしております。