悩みタイトル

皆さんの中に・・・
今まで楽に出来ていた単純作業が楽に出来なくなった。
以前まで趣味があったのに、全くやる気にならない。
常に漠然とした感じで落ち着かない。
体全体が重だるい。
食欲が沸かない。
こういった症状でお悩みはありませんか?これらの症状はもしかしたら「5月病」が原因かもしれません。「5月病」は医療機関では「適応障害」「軽度のうつ」のような名称があり立派な病気です。一般に学生や新入社員の方に多く、心身の症状が現れる事が特徴になります。

5月病に対する当院の考え

「5月病」の原因は人それぞれですが、新しい環境の変化についていけない(仕事量がいきなり多くなった。ノルマを課せられてその職場がストレスに)人間関係をうまくいかない(全く知らない人と話す、話しづらい上司に相談)自分が思っていた理想と現実の差が激しいといった事が多く見受けられる原因になります。
上記で述べた通り、主に心身的につらさが出た時に起こる病気といっても過言ではありません。
「5月病」は周りの方の理解も得られずに発症されている方が誰にも相談できずに症状と向き合うことをやめてしまう方々も多々見られます。この記事を見ている方はまずこの「5月病」に向き合う事を行ってほしいと願っております。

5月病を放っておくとどうなるのか

上記でも説明しましたが、この「5月病」は周りの方から指摘されるものではなく、ご自身から症状と向き合わなければいけないものです。
それを怠ってしまうと、「何をするにしてもやる気が起きない」「憂鬱感」「不安感」「無力感」「倦怠感」「不眠」といった症状に発展してしまいます。
一度発症をしてしまうとそれらの症状を治すのが困難となり、長い期間症状に苦しみ、将来的は重度の精神疾患を患ってしまう可能性もあります。そうなる前に適切な施術を行い、症状の再発を防ぐためのケアを行っていく必要があります。
これらの記事を読まれた方はぜひ次の内容を目に通して頂くと幸いです。

5月病の改善方法

ではこの「5月病」を治す、もしくは予防するにはどうしたらいいのかを具体的に話したいと思います。
まず予防ですが人によりアプローチが変わります。その中でも効果が出やすいのは「睡眠の質を高める」ことです。「5月病」で悩まれている方の中でも夜中に起きてしまう、ちゃんと寝た気がしないといった方がいらっしゃいますが、そういった方にお勧めをするのは「昼寝」になります。
昼寝の効果は時間によっても変わってきますが、この「5月病」での適切な時間は20分昼寝をすると良いと言われます。この方法で改善されない方はそもそもの睡眠の質が悪い可能性があります。
当院ではその睡眠の質を根本的に改善していく「全調整鍼」といわれる東洋医学由来の施術があります。

5月病の改善に効果的な当院の施術メニューは?

上の内容にある通り「全調整鍼」は5月病の改善に効果的な施術メニューです。

先ほどもお伝えしたように5月病とは、不慣れな環境に身を置くことによって起こる、心身の不調のことです。5月病を放って置くと、うつ病になる可能性があることをご存知でしょうか

4月、新入社員や転勤によって職場が変わった方などは、慣れない環境に一月以上身を置くことによって、過剰なストレスにさらされます。
それにより適応障害を起こし、朝起きれない、疲れやすい、夜に眠れないなどの心身の不調が5月頃に現れやすくなることから5月病と呼ばれています。
環境に慣れないままで過ごしていると過剰に自律神経である交感神経が高ぶり、常に臨戦態勢になった状態です。

当院の「全調整鍼」では、バランスの崩れた自律神経を整え、5月病による不調を改善することができます。

その施術を受けるとどう楽になるのか

当院の全調整鍼を受けると5月病と呼ばれる、適応障害の改善になります。

全調整鍼では、慣れない環境によりストレスに晒され、崩れた自律神経のバランスを整えることが出来ます。
鍼施術の一つではありますが、局所だけでなく身体の全身のバランスを診ながら調整するため、あらゆる症状にも対応しています。
夜に眠れない、朝起き上がれない、疲れやすいなどのお悩みがある方こそ、受けてほしい施術です。

新しい環境に慣れず心身の不調を抱える方は一度当院の全調整鍼を受けてみませんか?

改善するために必要な施術頻度は?

明るい挨拶

5月病を改善するために必要な頻度をお答えします。

まずは繰り返し通院することが改善への道ですが、通院回数や頻度はその方の症状によってまちまちです。
目安としては、1週間に1回〜2回から始めるのがよいです。症状が強い方やできるだけ早く直したい方などは、1週間に3回など、頻度を増やしたり、反対に症状の軽い方は2週に1回などで見ることが多いです。

まずは当院にご来院いただければ、必要な頻度をお伝えします!